« 福島原発の放射能を理解するのリンク | トップページ | 放射性物質による汚染を除去する「除染」の具体的な方法まとめ(Gigazine記事より) »

2011年3月22日 (火)

「ミリシーベルト」「マイクロシーベルト」とはどんな単位なのか、どのくらいから危険なのか?放射線量計測単位のまとめ(GigazineのHPより)

GigazineのHP2011年03月15日 12時08分17秒にアップロードされている「ミリシーベルト」「マイクロシーベルト」とはどんな単位なのか、どのくらいから危険なのか?放射線量計測単位のまとめをリンクします。
シーベルト、何度も耳にするけど正直頭に入ってこない。ここに載せて自分も参考にさせていただきます。


「ミリシーベルト」「マイクロシーベルト」とはどんな単位なのか、どのくらいから危険なのか?放射線量計測単位のまとめ(Gigazine)のリンク


◆「ミリ」と「マイクロ」の違いを頭にたたきこみましょう

ニュースで「8217マイクロシーベルト(μSv)」「1941マイクロシーベルト」などと聞くととてつもなく大きな数のような気がするかもしれませんが、「マイクロ」というのは「ミリ」のさらに1000分の1。1マイクロシーベルトは1シーベルトの100万分の1です。200万マイクロシーベルトで5%致死線量なので、2000マイクロシーベルトでも5%致死線量の1000分の1です。

つまり分かりやすく表現すると以下のようになります。

1シーベルト(Sv)=1000ミリシーベルト(mSv)=100万マイクロシーベルト(μSv)

(GigazineのHP2011年03月15日の記事より抜粋)

メグダンスっ☆

|

« 福島原発の放射能を理解するのリンク | トップページ | 放射性物質による汚染を除去する「除染」の具体的な方法まとめ(Gigazine記事より) »

東北地方太平洋沖地震関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55112/51189799

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミリシーベルト」「マイクロシーベルト」とはどんな単位なのか、どのくらいから危険なのか?放射線量計測単位のまとめ(GigazineのHPより):

« 福島原発の放射能を理解するのリンク | トップページ | 放射性物質による汚染を除去する「除染」の具体的な方法まとめ(Gigazine記事より) »